LYRICS

 
 
leafy
 
 
 


遠く音を響かせて
いつだって そう ゆっくり廻っていて
分からず屋の日々はきっと通り過ぎてった

陽に透けたるたてがみを
気まぐれな風が遊ぶ
私にだってそれなりの意識を欲してんだ

朝焼けが覗き込んで
きっと そう 始まっては終わっていて
当たり前だとしても何よりそれが不思議さ

雨は濡れることさえ厭わなけりゃ
別になんてことないんだって
見たことない景色はきっと通り過ぎてった

銀色の砂を並べた あなたを遠く浮かべながら
果てしないんだよ日々を
どうしても見つけられないんだって

蹄の音を響かせて
ずっと遠くまで来たつもりが
分からないんだよそれでも
きっと遠くまで行こう

薄れゆく気配に そっと耳を澄ましながら
どこまでも行こう 私は
どうしても見つけられないんだって

逆らわずして日々よ
きっと そう 始まっては終わっていて
変わらないんだよ そうだろう?
きっと

 
 
 
 
  pagetop